HRAIT – Employment Agency

【女性版】就職活動での身だしなみ解説|アメリカ就職・転職

はじめに

人の第一印象は出会ってから6秒程で決まると言われています。さらに、視覚から入る情報が最大の判断要素だといわれています。アメリカの採用面接においてもそれは同じで、最初に面接官に与える印象がその後の合否を左右するといっても過言ではありません。しかし、安心してください。今から解説するポイントを押さえて身だしなみを整えれば、どなたでも好印象を与えられます。

この記事では、就職・転職の面接を目前に控えている女性に向けて

    • 就職活動にふさわしい服装
    • 理想的な着こなし例
    • 面接前の身だしなみチェックリスト

のテーマに分けて解説していきます。しっかりと予習して内定を勝ち取りましょう!

就職活動にふさわしい服装

女性スーツジャケット|アメリカ就職・転職

就職の面接では、「私服でお越しください」などの指定がない限りは、基本的にスーツを着ていきましょう。新卒として面接に挑む際はリクルートスーツを着用しましょう。しかし、転職の面接ではリクルートスーツを着ていくのはNGです。リクルートスーツは安価な生地やシンプルなデザインで作られており、社会人として未熟といった印象を持たれやすいからです。

ここでは、面接にふさわしい女性の身だしなみをアイテム別に解説していきます。清潔感とTPOを意識しながら身だしなみを整えていきましょう。

スーツ

派手な色のものではなく、落ち着いた色のスーツを選びましょう。黒・紺色・グレーなどが無難なところです。特に、紺色とグレーは女性から人気で、インナーとも合わせやすい色です。ベージュやライトグレーが使われる場合もありますが、ややカジュアルな印象を与えてしまうので、色の明るさには注意が必要です。スーツの柄は、無地か目立ちすぎないストライプを選ぶのが無難です。ジャケットのボタンは全て閉めるのがマナーです。

スカート/パンツ

ジャケットに合わせるボトムはスカートでもパンツでも可能です。スカートの場合は女性らしさに加え、落ち着いた印象を与えられます。逆にパンツの場合は活発な印象を与えられるので、自分にあった方を選ぶと良いでしょう。スカートを選ぶ場合は膝丈のタイトまたはセミタイトスカートを選びましょう。パンツを選ぶ場合のベルトはスーツと同系色のものを選びましょう。

インナー

インナー 白シャツ|アメリカ就職・転職

ワイシャツ、ブラウス、カットソーなどが定番のインナーです。インナーは逆に白系や淡色のブルーやピンク系でも良いですが、スーツとのバランスが良いものを選び、派手な色は避けましょう。胸元の開きすぎにも注意してください。