HRAIT – Employment Agency

WEB面接のポイント

はじめに

レジュメを提出し、数日後「Web面接を行います」と言われたら、まず何から手をつけますか?馴染みのないWeb面接についてあまり詳しくない方もいるでしょう。最近Web面接が主流となってきたとはいえ、まだあまりWeb面接に詳しくない方もいらっしゃると思います。
ここではWeb面接前の準備やマナーなど、知っておきたい情報を解説します!

HRAIT では、面接官に必要な人材だと印象づけるための7つのポイントも紹介していますのでぜひ参考にご利用ください!

この記事の概要

  • ★面接は自宅などのインターネット環境が安定した場所で受ける。外部音がなく、人の居ない静かな場所がGood!
  • ★使用する機器はなるべくパソコンで、必ずイヤホンを装着する。マイク付きイヤホン推奨。
  • ★ツールは指定されたものを事前にインストールし、設定する。(Zoom Meeting, Skype, GoogleMeet, LINE)
  • ★服装は基本上下スーツで!もし用意できない場合はカジュアルスーツなど面接に適した格好を用意する。
  • ★女性のメイクは、ナチュラルメイクを推奨。男女ともに髪型は清潔感のあるもので印象アップ!
  • ★バーチャル背景などは極力使わず、壁や無地のカーテン(白か黒か紺)などを選ぶ。

基本的なWeb面接の流れ

基本的なWeb面接の流れ

対面の面接では実際に会場に赴いて、入室・面接・退室の流れになりますが、Web面説はどう進むのか。
実際に対面と違う点は、開始までの流れが変わってきます。

事前に企業からツールの指定/URLを渡される

企業側から事前にWeb面接で利用するツールやURLにアクセスする方法、IDなど連絡されます。面接時間になったらアクセスして面接が始まります。

開始10分前にはアクセスし、準備する

通信状況が悪かったり、アクセスしづらいなども考慮して10分前には余裕を持って準備しておきましょう。最終確認なども含めてここでチェックしてください。

企業側もアクセスし、面接へ

候補者、企業側がお互い入室し、揃った時点で選考が始まります。表情や声のトーンなどを意識して、しっかりとアピールしましょう。
万が一、時間になっても企業側がログインしてこない等の問題がある場合には、自分側の機器トラブルなどの可能性もあるので必ず電話やメールですぐに連絡するようにしましょう。

ネット環境と機器・ツールの準備

ネット環境と機器・ツールの準備

ネット環境

まず初めに大切なことは、「ネット環境」つまり “ 通信環境 “です。Web面接はインターネット接続さえあれば、どこにいても利用できますがインターネット接続が悪い室内であったり、一時的にインターネットを繋げられるカフェなど、通信が安定しない場所は避けましょう。
静かで安定したインターネット環境のある自宅や、LANケーブルを繋げた状態で面接を受けるのがおすすめです。面接前は必ずインターネット環境について事前にチェックしておきましょう。

機器・ツールの準備

次は機器・ツールの準備です。
2点のことについて気を付けてください。

  • 機器
  • イヤホン

まず「機器」に関しては、スマートフォン・タブレットなどでもWeb面接はできますが、やはり画像や音声が安定してはっきりと伝わる、伝えることのできる「パソコン」がおすすめです。パソコンは画面も大きく、面接官の姿もはっきり