アメリカでレストランマネージャーになろう

アメリカ レストランマネージャー

  ・アメリカでレストランマネージャーに挑戦してみたい!・アメリカで高収入の職に就きたい!・アメリカで日本のサービスを提供したい! けど、アメリカの飲食業会についてよくわからない…アメリカで転職するにはどうしたら良いのかわからない… そんな悩みをお持ちの方に向けて、本記事では、アメリカでレストランマネージャーになるために必要な知識や、具体的な仕事内容、転職方法について解説します。   アメリカのレストランマネージャーの仕事内容 アメリカレのストランマネージャーに求められるスキル、学歴・職歴 レストランマネージャーの平均給与、待遇、ベネフィット レストランマネージャーの将来キャリア   上記のような内容が理解できるようになるので、参考にしてみてください。   アメリカレストランマネージャーの仕事内容 アメリカのレストランマネージャーの仕事内容は、日本とそれほど大きな差はありません。レストランマネージャーは、レストランの日常業務を監督する責任者であり、レストランの魅力、価値を最大限に高めることが重要になります。スタッフの採用やトレーニング、お客様とのコミュニケーション、スタッフのシフト作成など、その会社の方針に沿って業務を行います。具体的には、以下のような業務を担当することになります。 ・入社するスタッフが会社の方針に従うようにすること・レストランの手順に従うようスタッフを教育する・安全性と食品の品質基準を維持する・お客様の満足度を維持し、クレームに対応する・スケジュールの管理・従業員の労働時間を記録する・給与データの記録・予算の範囲内で必要な備品を注文すること   求められるスキル、学歴・職歴 レストランマネージャーによく求められるスキルとしては、レストランでのサーバー経験2年以上、レストランマネージャーの経験2年以上が一般的です。必須ではありませんが、ホスピタリティの学士号またはコミュニティ・カレッジでの研修を受けている場合は、面接時のプラス要素になります。さらに、多くのレストランマネージャーは、食品取扱者証明書(food handler certification)を要求されますが、これは食品の安全性をカバーする短期コースまたはプログラムを受講することで取得できます。レストランマネージャーのポジションは、ホスピタリティに情熱を持ち、強いリーダーシップがあり、細部にまで気を配れる人材を必要とします。  平均給与、待遇、ベネフィット 給与は、州によって最低賃金設定が異なり、各レストランによっても給与制度が違いますので、一概に平均の給与をお伝えすることはできませんが、確実にお伝えすることができることは、日本よりもアメリカの飲食業界の平均給与は、かなり高いということです。例えばですが、ロサンゼルスの日本食レストランのマネージャーですと、70K/年以上稼げる場合も多くあります。その理由は、アメリカではチップ制度がありますので、時給に加えてチップをもらうことができるからです。そのお店によりますが、繁盛しているお店ですと、1日でチップだけで$150ー$250稼ぐことが可能です。日本はチップ制度がないため、単純な時給のみになりますが、チップ制度があるアメリカでは、飲食店は短時間で稼ぐことができる、非常に夢があるお仕事です!また、ベネフィットとしては、レストランにより異なりますが、社員割引や、有給休暇、健康保険カバーなど、他の一般企業と変わらない手厚いサポートをしてくれるケースも多いです。  将来のキャリア レストランマネージャーのキャリアとしては、複数の店舗を抱えるチェーン店での場合、特定のエリアの各店舗のマネージャーを統括するエリアマネージャーや、全店舗のマネージャーを統括するジェネラルマネージャー/統括マネージャーというポジションもあり、レストランマネージャーの次キャリアパスになります。また、今までの経験を活かして、ご自身でお店をオープンすることも将来のキャリアの1つになるでしょう。それだけでなく、今までの接客スキル、マネジメントスキルを活かして、カスタマーサービス、営業、プロジェクトマネージャーなどレストラン業界以外のお仕事に就くことも可能です。   まとめ 飲食業界での転職で重要なことは、自分に合ったレストランを選ぶことです。特にアメリカでの飲食経験がない場合は、自分の力で情報を収集するのはとても大変です。そのような方は、是非、一度弊社のリクルーターよりその方に合った案件のご紹介や、転職活動のアドバイス等させて頂きますので、まずはお気軽な気持ちでご相談下さい。弊社では数多くの飲食店求人を取り扱っており、カジュアルなお店、ミシュラン星を取得しているお店、高級店、居酒屋スタイルのお店、など、様々な案件のご紹介が可能です。また、弊社では、アメリカでの起業支援も行っておりますので、もし開業・独立をお考えでしたら、飲食業界で実績のあるビジネスコンサルタントがあなたの開業・独立支援のサポートをいたしますので、ご連絡下さい。 HRAITで“スキルが活かせる”仕事探しを 登録無料・年会費やその他費用も一切なし 専任リクルーターによるサポート 英語レジュメ自動作成機能つき 全米の新着求人をLINEでお知らせ 求職者登録 企業ログイン 求職者ログイン 無料登録はこちら 企業登録 求職者登録 Facebook Twitter Linkedin Line

アメリカのレストランで働こう

アメリカ_レストランスタッフ

アメリカで仕事をしてみたい そんな夢を叶えられるのがレストランでのサーバー(Front of House)ポジションです。 実力主義のアメリカでは、会計士などの特別資格が必要なお仕事や一般的なオフィス業務の場合でも、どの大学で何を専攻していたのか、職務経歴はどれくらいなのかを問われる事がほとんどで、ビザサポートを行ってくれる企業も少ないのが現実です。 米系企業ではもちろん英語を使って現地の人と仕事をするためハイレベルな英語力とスキルが求められるので競争率もかなり上がります。 飲食業界も経験があればより良いですが、日本食ブームの今、かなりの数の日系レストランや米系オーナーで寿司・ラーメンを開業しているレストランが多く見受けられるため、その中で日米バイリンガルの人材、日系レストランであれば日本語を母国語としている人材を探している事も多くあります。 仕事内容 日本の飲食業務と大きな違いはほとんどありません。 来店されたお客様への接客サービスが中心です。新規お客様を店内へご案内し、注文を取り、注文されたものをサービング、食事の終わった食器を下げお会計を出し、お客様が帰るまでカスタマーケアをする事が主な流れです。 高級レストラン・大規模の米系レストランでは、Receptionist(ホスト・ホステス)といい予約をコントロールし入店の際のドレスコードをチェックしFront of House (サーバー)へお客様を受け渡すポジションがあり、サーバーは決まった席のお客様を担当し、担当席のみカスタマーケアをします。またバッサー(Busser)といいお皿をさげて、お客様が使ったテーブルをリセットし次のお客様をご案内できる様セッティングするポジションもあり、担当ごとに細かく分かれているレストランもあります。 求められるスキル サーバーとして求められるスキルは日本と変わらず、どんな事にも対応できる柔軟性やお客様や従業員としっかりコミュニケーションがとれることです。マネージャーポジションとなると求められるスキルや経験も多くなりますが、サーバーはエントリーレベルでも上記のスキルや明るく積極性のある性格を持ち合わせていれば、採用してもらえるのがほとんどです。日本との大きな違いといえば、英語で接客をするという部分であり英語がしゃべれる事が第一条件となってきますが、日本語がしゃべれる人材を探している日本人のお客様中心のレストランも州によって多くありますので、そこで働きながら英語を勉強してスキルアップを目指している方もいらっしゃいます。 優遇学歴・職歴 サーバーとして高学歴は必要ありません。経験としてレストランで働いていたことがあればより良いですが、経験なしでもスタートできます。 日本在住の時点でサーバーとしてレストランからビザを降ろしてもらう場合は職歴・英語能力を見られる事もあります。 給与・給与以外のベネフィット 給与は州によって最低賃金設定も異なり、各レストランの給与制度もそれぞれです。 平均は時給$15.73となっていますが時給が低いからといって悲観する必要はありません。アメリカではチップ制度があり、サーバーは時給+チップで給与をもらうことができます。アメリカレストラン業の1日のチップの平均は$100ですが、レストランによってチップの平均も大きく異なります。時給が最低賃金の場合でもチップがよければ1日の平均収入以上を稼ぐ事も出来ますし、週5日働かなくても生活をたてれるサーバーも多くいます。レストランを探す際は、繁盛しているロケーションの良い場所を探すのがポイントです。その他のベネフィットは健康保険を完全カバーしてくれたり、社員割引、有給休暇、有給トレーニングなどサポートしてくれる企業もあります。レストランによって条件は異なりますので、面接の際に自分の気になることはしっかりと確認をしましょう! 将来のキャリア サーバーとして長く同じレストランで働きそこでスキルを認められた場合、マネージャーポジションに昇格できます。レストラン以外の仕事であれば、接客・カスタマーサービスに関連した職種に転職も可能です。例えばオフィスでのカスタマーサポート、フロントデスク、営業・マネージャーアシスタント、オフィスでの経理業務など業種は様々です。 HRAITで“スキルが活かせる”仕事探しを 登録無料・年会費やその他費用も一切なし 専任リクルーターによるサポート 英語レジュメ自動作成機能つき 全米の新着求人をLINEでお知らせ 求職者登録 企業ログイン 求職者ログイン 無料登録はこちら 企業登録 求職者登録 Facebook Twitter Linkedin Line

アメリカで寿司職人になろう

アメリカ寿司職人

現在、アメリカ国内での寿司職人の価値が上がっております。 年収$8K以上の高給、充実した福利厚生・待遇、ビザサポート可能な企業が多いです。   日本での業務内容&アメリカでの業務内容 日本とアメリカで魚の仕入れ、仕込み、寿司の握り、お客さまへのおもてなし(カウンターでの接客対応)、皿洗い・掃除のような基本的な業務内容はほぼ同じです。しかしながら、オーナー、ヘッドシェフ、副シェフ、キッチンチーム、レストランマネージャー、ホールスタッフチームが現地人(アメリカ人)が多いので、英語でコミュニケーションを取りながら業務を行っていただくことが多くなります。寿司職人は、見習い寿司職人を育てる、寿司職人は日本の伝統文化である寿司を広める存在となるため、英語を話せたほうがベターですし、アメリカ人経営者の企業でも活躍できるでしょう!見習いの寿司職人の場合は、食器洗いや店舗の掃除、仕込み、足りない食材の買い出し、出前などのキッチンでのバックの仕事がメインとなります。   給与比較 日本での寿司職人の仕事の平均年収は約404万円(地域によって異なる。)となりますが、アメリカでの寿司職人の仕事の平均年収は約800万円(地域によって異なる。)となります。アメリカでは、伝統的なおまかせのお寿司を握れる日本人の寿司シェフの人口が少なくなっている傾向があり、希少価値されています。そのため、必然的にお給料が高くなっております。   キャリア比較 通常日本では、一人前の寿司職人になるまでに「飯炊き3年握り8年」といわれておりますが、アメリカでは実力勝負です。何年のキャリアが必要など決められていないので、比較的、料理長・副料理長を目指すことが日本より容易になるかと思います。また、高級レストランでも寿司シェフの人が足りていないので、ある程度の寿司シェフキャリア歴が少なくても採用いただけるケースもあります。   寿司シェフのビザサポート 寿司シェフに対してのビザサポートを行っている企業が増えております。しかしながら、寿司シェフ・寿司レストランでのキッチン経験者としての実務経験のない方にはビザサポートはできません。アメリカで寿司シェフを目指して、アメリカへ移住するのであれば、最低3年以上の寿司シェフ・キッチンシェフとしての経験が必要ですので、まずは日本で寿司シェフとしての経験を積むことをおすすめします。弊社では、日本で3年以上、活躍されている寿司職人に対してビザサポート可能な企業のご紹介も行っております。   アメリカでの調理師免許をゲットするとより良いです! カリフォルニア州を始め多くの州では、Food Manager Certificate を取得している従業員を営業日常時、最低1人を配置することを徹底してます。スタッフへの衛生管理教育、州の検査員のインスペクション対応のために、レストランで働くスタッフ全員に全米レストラン協会、SERVSAFE認定、フードハンドラー(※調理師免許の種類は州によって異なります。)の取得をした方が良いです!!弊社ではその申請サポートも可能ですのでお気軽にお問い合わせください。   アメリカで独立しよう!寿司レストランのオーナーとして開業しよう! アメリカでは日本の寿司レストランがブームになっているため、独立・開業で自分の寿司レストランを持つオーナーシェフの方が増えております。寿司職人として調理を行うだけでなく、資金管理や労務管理など店舗経営に関わる仕事もできます。弊社では開業・独立支援も行っております。飲食業界で実績のあるビジネスコンサルタントがあなたの開業・独立支援のサポートをいたします。   まとめ 弊社では、ミシュラン星を獲得している超有名な寿司レストラン、カジュアルな雰囲気の寿司レストラン、居酒屋スタイルの寿司レストラン、アメリカ人オーナーの寿司レストランなど様々な業態の寿司レストランでの料理長、副料理長、寿司シェフポジションの求人のご紹介が可能となります。寿司職人以外にも、ホールスタッフやレストランマネージャー、オフィスワークのポジションもご紹介可能です。アメリカでの転職、中途就職、新卒就職をご希望の方はぜひお気軽にお問合せください。 HRAITで“スキルが活かせる”仕事探しを 登録無料・年会費やその他費用も一切なし 専任リクルーターによるサポート 英語レジュメ自動作成機能つき 全米の新着求人をLINEでお知らせ 求職者登録 企業ログイン 求職者ログイン 無料登録はこちら 企業登録 求職者登録 Facebook Twitter Linkedin Line