HRAIT – Employment Agency

ソフトウェアエンジニア

 

「アメリカでソフトウェアエンジニアに挑戦してみたい!」

「アメリカで高収入の職に就きたい!」

「アメリカでキャリアチェンジ、キャリアアップしたい!」

 

けど、アメリカのソフトウェアエンジニアについてよくわからない…

アメリカで転職するにはどうしたら良いのかわからない…

そんな悩みをお持ちの方に向けて、本記事では、アメリカでソフトウェアエンジニアになるために必要な知識や、具体的な仕事内容、転職方法について解説します。

アメリカでのソフトウェアエンジニアの仕事内容

アメリカのソフトウェアエンジニアの仕事は、日本と比較して、働き方と労働文化、プロジェクトの進め方、チームワークにおいて、いくつかの違いがあります。

働き方と労働文化については、オフィス勤務が主流の日本とは異なり、アメリカではリモートワークやフレックス制が一般的です。また、アメリカの職場はオープンなコミュニケーションが奨励されるフラットな組織構造が多いのも特徴です。

プロジェクトのアプローチに関しては、アメリカの企業は新しい技術やツールの導入に積極的であり、AgileやScrumといった開発手法が一般的です。

また、チームワークとコミュニケーションのスタイルも異なり、アメリカではチーム内でのディスカッションや意見交換が活発です。

求められるスキル・学歴

求められるスキル

アメリカでソフトウェアエンジニアになるには、技術スキルと実務経験の両方が重要です。主要なプログラミング言語を習得していること、ソフトウェア開発手法の理解が、技術スキルの基盤を形成します。Leetcodeやgithubをよく利用していることも加点となります。

さらに、インターンシップを通じた実務経験を積み、プロジェクトの充実したポートフォリオを構築することが、実務能力を示し、プロフェッショナルな世界への準備を整えるために重要です。

求められる学歴

学歴があるということは、就職活動の際、確固たる基盤となりますが、それだけがソフトウェアエンジニアになる唯一の道ではありません。多くの成功したソフトウェアエンジニアは他の分野から転職したり、独学で学んだりしています。重要なのは、実際のプロジェクト、認定資格、強力なポートフォリオを通じて、自分のスキル、知識、経験を示すことです。

事実、現在、アメリカのソフトウェアエンジニアのうち、コンピュータ