HRAIT – Employment Agency

オペレーションマネージャー

 

アメリカと日本のオペレーションマネージャーの違い

オペレーションマネージャーとは、企業や組織の運営を監督し、日々の業務が効率的かつ効果的に行われるようにする責任を持つ役職で、主な役割として、プロセス管理、リソースの割り当て、品質管理、予算管理、チームの指導などが含まれますが、これらはアメリカも日本も変わりありません。

しかし、ソフトの面で、日米には違いがあります。最も大きいものは、部下とのコミュニケーションスタイルの違いでしょう。日本はプロセス主義なのに対して、アメリカは成果主義。そのため、アメリカでは、オペレーションマネージャーが部下に仕事を割り振ったとき、日本のように、逐一その経過をマネージャーに報告したり、マネージャーがチェックすることはあまり一般的ではありません。逆を言えば、日本式のコミュニケーションスタイルだと、アメリカ人の部下は、マネージャーに信頼されていない、仕事を任せてもらえない、とストレスに感じてしまう場合もあるので、注意が必要です。

アメリカのオペレーションマネージャーの人物像

そのため、アメリカでは、オペレーションマネージャーは、部下に対して、自身が期待していることを明確なかたちで示すことが、部下とのコミュニケーションで一番重要になります。

アメリカでオペレーションマネージャーになるには?

アメリカにおいてオペレーションマネージャーになるために必要な経験年数は、業界によって異なりますが、一般的には、多くの企業は関連する業務経験を少なくとも5〜10年持っていることを期待されています。

加えて、ビジネス管理の修士号(MBA)や関連する資格などの高度な教育は、時には職務経験を補うことができます。

とはいえ、経験年数や学歴、資格は、一般的なガイドラインとして機能することはあるものの、最も重要なのはリーダーシップ、問題解決能力、戦略的思考および業務機能の効果的な管理において成功の実績を示す能力です。先に話した日米のマネージメントの違いにも意識しながら、自分をPRすると良いでしょう。

アメリカのオペレーションマネージャの平均年収は?

米国労働統計局(BLS)によると、アメリカのオペレーションマネージャーの平均年収は、通常、年間約80,000ドルから120,000ドルの範囲になります。

アメリカ求人情報

HRAITではファイナンシャルアナリストを含む、多くのアメリカ求人情報を取り扱っております。ぜひご覧ください!
アメリカ求人情報一覧