HRAIT – Employment Agency

採用者インタビュー

有名寿司レストランの
コーポレートシェフ

アメリカ採用者インタビュー 有名寿司レストランのコーポレートシェフ

採用者様

Genta Motomura様

採用企業

Morimoto本社

Interviewer
Morimoto本社でのコーポレートシェフポジションでのこの度のご採用、おめでとうございます!

Genta Motomura(以下G.M.)
ありがとうございます。

Interviewer
Motomura様の過去のキャリアを簡単に教えてください。

G.M.
18歳で高校を卒業した後、2年間ほど料理学校に行きました。その後、和食の懐石料理の世界に入り、親方から指導を受けるため、関西、広島で修行を積みました。修行の中、海外で和食料理人としての経験を積みたいと思い、アメリカのニューヨークのお店で就労しました。そして、ビザの関係により日本に帰国し、伝統的な江戸前寿司の有名店でさらなる修行を積みました。

海外に出たことで、『今、海外ではお寿司の握りは必須だ』と肌で感じ、海外で懐石料理だけを提供するより懐石の技術+お寿司の技術もないと話にならないと気づきました。

Interviewer
何故、懐石料理、寿司職人さんのキャリアを目指されたのですか?

G.M.
そうですね…元々お寿司より懐石料理の方に魅力を感じておりました。懐石料理ってけっこう幅が広いんです。前菜からデザートまでのメニューを一通り全部調理します。例えば、その八寸、焼き物、煮物であったり…。初めは、まず全ての和食調理をできるようになりたいと思い、懐石を始めましたね。
懐石料理を一通り全部覚えた後、今度は海外での経験に興味を持ちました。実際、海外に行ってみて、アメリカでお寿司が大人気だということを知りました。海外に出たことで、『今、海外ではお寿司の握りは必須だ』と肌で感じ、海外で懐石料理だけを提供するより懐石の技術+お寿司の技術もないと話にならないと気づきました。そして、アメリカでの修行を終え、日本へ帰国し、日本の誰も知っているような江戸前寿司のお寿司屋さんで1から修行をしました。そして、寿司の握りの技術を習得した上で、もう一度、懐石の技術と江戸前寿司の伝統的な技術を持って、アメリカで勝負したいと思っています。

Interviewer
おいくつくらいの時に料理人を目指そうと志されたのですか?

G.M.
高校生の時に、高校卒業に当たって何かしら進路を決めるじゃないですか。その時に、大学なのか、そのまま就職なのかと色々考えた時、当時は大学に行くということが全然選択肢無くて・・・。大学に行くんにしてもそこまで大学でやりたいこと、というのがなかったので何か技術を身につけたい…と思っていました。その時、ちょうどアルバイトをしていて、料理が好きだったので、料理の世界で修行したいな、さらに技術を身につけたいな と思い、シェフを目指しました。

Interviewer
アルバイトはどういうお店でお仕事をされていたのですか?

G.M.
当時高校生で15歳から18歳ぐらいまで3年間、1つの焼肉屋さんでやっていました。当時から、高校生なのに大学生のアルバイトより包丁を上手に使っていましたね!

Interviewer
では昔から手先が器用ということで?

G.M.
器用とは言えないのですが、料理が好きだったので、包丁を良く使っていました。今思い出すと、それが良かったのかなって改めて実感しています。