HRAIT – Employment Agency

ファイナンシャルアナリスト

 

「アメリカでファイナンシャルアナリストに挑戦してみたい!」

「アメリカで高収入の職に就きたい!」

「アメリカでキャリアチェンジ、キャリアアップしたい!」

 

けど、アメリカのファイナンシャルアナリストについてよくわからない…

アメリカで転職するにはどうしたら良いのかわからない…

そんな悩みをお持ちの方に向けて、本記事では、アメリカでファイナンシャルアナリストになるために必要な知識や、具体的な仕事内容、転職方法について解説します。

アメリカでのファイナンシャルアナリストの仕事内容

アメリカにおけるファイナンシャルアナリストの仕事内容は多岐にわたります。主に、企業や個人の財務状況を分析し、投資戦略の提案や資本構造の最適化、財務リスクの評価を行います。また、市場動向の分析、予算計画の策定、長期的な財務計画の立案にも関与します。ファイナンシャルアナリストは、エクセルや専門のソフトウェアを駆使して複雑なデータを解析し、その結果を元に戦略的な意思決定をサポートします。この職種は、経済全体の動向を理解することが求められるため、経済情勢に敏感である必要があります。効果的なコミュニケーション能力も必須で、その分析結果を分かりやすく説明し、クライアントや経営陣との橋渡しを行うことが期待されています。

ファイナンシャルアナリストの種類

投資銀行アナリスト:企業の目標を満たすための投資戦略を開発することに焦点を当て、既存の投資を評価し、詳細な財務分析(評価と取引比較など)を実施します。

エクイティリサーチアナリスト:株式や企業を研究することに特化し、主にリサーチレポートや推奨事項を作成します。売り手側および買い手側の両方の企業で働き、しばしば特定のセクターや国に焦点を当てます。

トレジャリーアナリスト:投資、資産、負債、現金流など、組織の財務を管理します。財務の健全性を向上させる戦略を推奨し、他の財務部門と調整します。