HRAIT – Employment Agency

ファストフードの従業員

 

新法律と最低賃金の増額

AB 1228 法により、2024年4月1日からファストフード従業員の最低賃金が時給20.00ドルに設定されました。この法律は、全国に少なくとも60店舗を持つチェーンのファストフードレストランに適用され、これらの店舗は限られたサービス、または全くサービスを提供していません。

「ファストフードレストラン従業員」とは

新法律において、「ファストフードレストラン従業員」とは、限定サービスを提供するレストランの従業員を指します。これにはテーブルサービスが限られており、顧客が食品や飲料を注文し、消費前に支払いを行う場所が含まれます。レストランは即時消費を目的とした食品や飲料の販売に主に従事していますが、一部のファストフードレストランはこの法律の対象外となります。

免除される施設

スーパーマーケットや空港、ホテル、イベントセンター、テーマパーク、博物館、賭博施設内のレストランなどはこの法律の対象外です。また、特定の条件を満たすパンを単品で販売するレストランも免除されます。

ファストフード評議会の役割

 新設されたファストフード評議会は、将来の賃金調整と業界の最低雇用基準の設定を行います。評議会は経済指標に基づき賃金を年間調整する権限を持ちますが、2025年1月1日以前に増額することはできません。

詳細:https://www.dir.ca.gov/dlse/Fast-Food-Minimum-Wage-FAQ.htm