HRAIT – Employment Agency

logistics

・アメリカの物流企業で働きたい!
・アメリカで安定した高収入の職に就きたい!
・アメリカでキャリアアップできる仕事をしたい!

上記のような方に向けて情報を発信しています。

コロナ禍によるリモートワーク、外出自粛、巣ごもり消費の影響により、
ネット通販の取扱個数が大幅に上昇傾向にあるため、しばらくは売上率が高くなると見込まれる業界です。

したがって、今から転職をして安定した生活を過ごしたい方に適した業界です。

そんな悩みをお持ちの方に向けて、本記事では、アメリカで物流・運輸業界になるために必要な知識や、具体的な仕事内容、転職方法について解説します。

  • アメリカでの物流・運輸業界の仕事内容/種類
  • 求められるスキル・学歴・職歴
  • 平均給与・待遇・ベネフィット
  • 物流・運輸業界の将来のキャリア

上記のような内容が理解できるようになるので、参考にしてみてください。

アメリカでの物流・運輸業界の仕事内容/種類

物流会社では、顧客のために物を運ぶことを達成するため、様々なポジションの方々が円滑な輸送を行うお仕事となります。

物流会社が持つ6つの機能としては、

・保管:倉庫での荷物の保存
・荷役:荷物の積込、倉庫への入出庫
・流通加工:ラベル制作、値札づけ
・梱包、包装
・輸送
・情報管理:荷物の配送状況の管理

があります。上記の役割を担うようなお仕事を行なっていただきます。

また、近年のデジタル・IT・AI(人工知能)化が進むなか、
物流業界でも最先端技術を活用した対応を行うため、ITに強い人材(ソフトウェア・システムエンジニア)を募集している場合もあります。

それは、ロボットでの作業だけではなく、システム改善・活用により輸配送の効率化に注力する企業です。
特に、大手企業はこの部門へ力を入れており、今後需要が高まるITポジションが増えます。

求められるスキル・学歴・職歴

未経験でも採用いただける企業も増えておりますが、物流・輸出入・貿易関連の職歴があるとより良いでしょう。
学歴はポジションにより異なりますが、基本的にアソシエイト、または、バチェラーディグリー(学士号)を取得していると良いです。

スキルを求められることは少ないですが、多種多様なポジションがある物流業界では、各分野の専門知識を持っている方が歓迎されます。

・フォークリフト運転技能
アメリカでフォークリフトの資格を取得することも可能です!
倉庫でのお仕事に役に立つ資格なので、所持しているだけでメリットになることも。
この資格の申込みや取得方法は、州によって異なります。
州によって異なりますが、実技・筆記テストもある場合もございます。

・カーゴワイズ
アメリカの物流企業では、カーゴワイズという物流実行システムプラットフォームを使用している企業が多数。
このカーゴワイズシステムを使ったことがある、知識があるというだけでプラスになることもございます。

・通関士
物流業界の資格で最も有名な資格の1つです。
アメリカでは、Customs Broker License Brokerと言われ、その試験に合格した者のみ取得できます。
合格率は低いと言われるこの資格ですが、取得してしまえばどんな物流企業でも活躍できるでしょう。

その他にも、物流関連で必要なスキルはたくさんあります!

平均給与・待遇・ベネフィット

物流業界によって、各ポジションの給料が異なるため一概に平均給与はお伝えできません。
しかしながら、ドライバー不足による給与額高騰している現状があり、
物流業界の需要が拡大している裏で、世間ではドライバー不足問題が騒がれております。
それは、日本に限らずアメリカも同じ状況で、人材不足によるお給料の高騰が巷では騒がれてます。
高給料・安定